このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2018年2月12日月曜日

日本へ向かいます

いよいよ明日の朝の便でマイアミから日本に向かいます。

ガルフストリームパーク競馬場はペガサスワールドカップの週とこの週の2回、その間にはケンタッキーに滞在していましたが、特にケンタッキーは昨年の夏以上に充実した時間が過ぎていきました。
是非ともまた行きたいという希望を強く持っています。
またケンタッキーで撮影したものの一部はSNSのほうにアップロードしました。
こちらもご覧ください。フォローも是非よろしくお願いします。
twitter
instagram
それと撮影の裏話も含めたものは下のほうにあるメルマガで発表しています。こちらも是非購読登録してください。長い目で見れば必ず満足していただける内容です。


また今月26日(月)までGate.J新橋におきまして『Gate.J特別展示『氣サラブレッド』』が開催されます。昨年のグループ写真展で展示したものの中から各写真家の作品が1点ずつ展示しております。
私のは二度、米年度代表馬に輝いたカリフォルニアクロームが厩舎であくびをしていたときのものです。撮影時の裏話として、あれはG1パシフィッククラシックを圧勝する2日前のデルマー競馬場の厩舎で撮影したものです。このような『氣』も是非感じ取ってもらいたい作品です。
お近くへお越しの際は是非ご覧ください。



今週末は土日とも東京競馬場です。
G1フェブラリーステークスは勝ち馬にブリーダーズカップクラシックへの優先出走権が与えられるブリーダーズカップチャレンジレース、3歳馬の競走のヒヤシンスステークスはケンタッキーダービーへの優先出走権ポイントが与えられる競走です。
これらのレースの出走馬の中から遠征する馬が、もしも出たらとても嬉しいですね。

競馬場のパドック
2018.2.11 アメリカ合衆国フロリダ州ハロンデールビーチ ガルフストリームパーク競馬場にて


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
アメリカでの大変内容の濃い撮影裏話が始まります。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2018年2月6日火曜日

ケンタッキーの牧場の見学方法

先週の月曜日からケンタッキー州レキシントンに滞在していまして水曜日までここにいます。
そして木曜日には再びガルフストリームパーク競馬場に向かいます。週末ににG1のガルフストリームパークターフハンディキャップというレースがおこなわれまして、それの撮影もします。
それから日本へ向かいます。

こちらに来て競走馬時代にも会っていたカリフォルニアクロームやソングバード、アメリカンファラオにも会いました。また日本で活躍してこちらで余生を過ごしているヒシアマゾンにも会いました。
レキシントンの滞在も残り2日となりましたが、まだまだこちらでたくさんの人馬の出会いがありそうです。



これからが今回の本題なのですが、昨年の写真展で『ケンタッキーの牧場の見学方法』を何度か質問を受けたことがありました。
ケンタッキーでは見学可能な牧場につきましてはこちらの『HORSE COUNTRY』におきまして一括の受付をしています。

希望する牧場、希望日時などをクリックしていき、カートに入ったのを確認して購入手続きをします。このときにメールアドレスに対応するパスワードを設定します。支払いはクレジットカードのみとなります。

そして移動方法はレンタカーを手配した場合はそれが一番ですが、国際免許を申請していないなどで車を運転できない場合は配車サービスのUberかLyftが最適な移動手段です。
タクシーもあることはありますが、牧場のあるあたりまで行く乗車や迎車を拒否されたり、もしくはかなり高い値段を請求されることが多いようですので絶対にやめたほうがいいです。
なおUberやLyftはスマートフォンにアプリをダウンロードしてアカウントを作成して、SMSによる認証ができれば使用できるようになります。
またインターネットがつながっている環境でなければ配車ができませんので特に牧場から帰るときのために、日本を出国する前にインターネットを使用できるように準備をしておく必要があります。ちなみに『イモトのWi-Fi』で売り出しているエクスコムグローバルのものでしたらカリフォルニアクロームが繋養されているテイラーメイドファーム、パイオニアオヴザナイルがいるウィンスターファームでもしっかりと使用できたのを確認しています。

今までケンタッキーの牧場に行きたいと思いながらもどこか躊躇って行けなかった人が,
これを読んだのを機に一人でも行ってくれるようになったら私としては大変嬉しく思います。


また下にありますが、メルマガでは撮影のもっと詳しい裏話なども来週号発行から執筆していく予定です。
長く楽しめるものになっておりますので是非講読登録してください。

2018.1.30 アメリカ合衆国ケンタッキー州ミッドウェイ
ミルフォードファームにて

--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
今週は馬について真面目に語っています。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2018年1月30日火曜日

マイアミからケンタッキーに到着

本日、フロリダ州マイアミからケンタッキー州レキシントンに到着しました。
ここに来週の木曜日まで滞在します。


先週は生まれて初めてガルフストリームパーク競馬場に行きました。
まずはペガサス像が想像よりもはるかに大きくて驚きました(笑)それと温暖な気候で今が1月だというのを忘れてしまいそうでした。
ペガサスワールドカップはこれが引退レースだった米年度代表馬ガンランナーが見事に有終の美を飾りました。種牡馬としての活躍にも大きな期待がかけられます。

さすがにこちらはマイアミと比べてはるかに寒いです。それでもこれから牧場に行くことを想像すると寒さも気になりません。
今週は現役時代も競馬場で見たことがあるあの馬、あの馬など、名馬たちに会ってきます。


2018.1.26 アメリカ合衆国フロリダ州ハロンデールビーチ
ガルフストリームパーク競馬場にて


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
アメリカ競馬を知りたい方もぜひ。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。