このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2014年8月27日水曜日

隣りはメキシコ サンイシドロ

この夏のデルマー競馬場の開催も残すところあと1週間と少しとなりました。
重賞競走は土曜日にデルマーデビュータント(Del Mar Debutante、G1、オールウェザー 7ハロン(約1400メートル)、2歳牝馬限定)、日曜日にデルマーダービー(Del Mar Derby、G2、芝 1 1/8 マイル(約1800メートル)、3歳馬限定)、トーリーパインズステークス(Torrey Pines Stakes、オールウェザー 1マイル(約1600メートル)、3歳牝馬限定)が、月曜日にイエローリボンハンデキャップ(Yellow Ribbon Handicap、G2、芝 1 1/16マイル(約1700メートル)、3歳以上牝馬限定)がおこなわれます。ちなみにアメリカ合衆国では9月1日がレーバーデー(Labor Day)、日本でいうと勤労感謝の日にあたる祝日となりますのでこの日もデルマーで競馬が開催されます。
そして火曜日の開催休みを挟んでいよいよ9月3日の水曜日にクロージングデー(Closing Day)を迎えることになります。

先週のG1パシフィッククラシック(Pacific Classic)が開催された日曜日も、とても充実した時間を過ごすことができ、日本人の私がアメリカ合衆国の特に主要な競走で撮影したものがこちらのメディアで使用してもらうことができました。日本でたとえると宝塚記念かジャパンカップでアメリカ、香港、韓国のカメラマンがレースで撮影したものが日本のメディアで使用されるようなものです。現在の日本だとこのような状況が私にはまだまだ想像ができないのですが、私のように運が良い人間であればこのようなことがいとも簡単に起こるのがアメリカらしく、そしてアメリカのいいところだなと感じます。
現在はこれまで出会った人や馬、そして支えてくれた環境や境遇、巡り合わせのおかげで以前と比べると大変素晴らしい環境で撮影をすることができています。これからもっと多くのお金をいただくことができる人間になっていきたいと思っています。もちろん多くのお金をいただくことになりましても、環境や境遇、巡り合わせに感謝しながら日々を過ごすことは変わることはないでしょう。

まずは今週のデルマー開催も少しでもより良いものを撮影していきます。


開催のなかった月曜日は、アメリカとメキシコの国境付近のサンイシドロ駅まで行ってきました。
まずは住んでいるヒルクレセントからダウンタウンまでバスで、そこからトロリーと呼ばれる電車でメキシコとの国境付近まで行きます。乗車したシビックセンターではそれほどいなかった乗客が、終着駅のサンイシドロに近づくにつれて多くなってサンイシドロに到着するなり、そのたくさんの乗客がメキシコへ入国する入口に向かっていきました。
こんなにもたくさんの人がメキシコに行くんだというくらいの人数でした。
そしてメキシコに入ると向こうはティファナという街があるのですが、私はアメリカへの再入国の手間を考えて行きませんでした。そのかわりサンイシドロ駅周辺を散策しました。当然ですが国境線には壁があるのですが、島国の日本で生まれ育った私にはとても珍しい光景でした。そして向こう側には大きなメキシコ国旗がたなびいているのが見えました。あと駅の近くに免税店もありました。
メキシコに今後行くことは…そこに馬がいるならば行くことがあるでしょうというのが、私の答えです。


メルマガも毎週日本時間の火曜日に発行しています。
こちらでこのブログやTwitterなどで書くことができないことも書いています。今週のテーマは『Take it easy』です。実際にこちらで肌で感じてきたこともこちらならかなり深く日本の皆様にお伝えできると思っています。
よろしければこちらも購読してくださると嬉しいです。こちらもよろしくお願いします。

写真はすべてサンイシドロ駅周辺をiPhoneで撮影したものです





2014年8月20日水曜日

サンディエゴ ダウンタウン

今週のデルマー開催は24日の日曜日に夏のデルマー開催の最大のビッグレース、パシフィッククラシック(Pacific Classic、G1、オールウェザー 1 1/4マイル(約2000メートル)、3歳以上)をはじめ同日には、パットオブライエンステークス(Pat O'brien Stakes、G2、オールウェザー 7ハロン(約1400メートル)、3歳以上)、デルマーマイル(Del Mar Mile、G2、芝 1マイル(約 1600メートル)、3歳以上)と豪華な番組が組まれています。また前日の土曜日にはデルマーハンデキャップ(Del Mar Handicap、G2、芝 1 3/8 マイル(約2200メートル)、3歳以上)がおこなわれます。
デルマー開催も残すところあと2週間と少しとなりましたが、少しでも良いものを撮影できるように精進していきたいものです。

今回のデルマー開催のない日は、サンディエゴのダウンタウンと呼ばれる中心部に出かけてきました。
ここはサンタフェデポット(Santa Fe Depot)と呼ばれる駅に電車、路面電車、バスが集まるところでもあり、高層ビルが立ち並んでいます。
アメリカでダウンタウンと聞くと、特にロサンゼルスですと場所によりますがかなり治安が悪いというイメージが出てきてしまいますが、このサンディエゴでしたら日中、そして大きな通りでしたら安心して歩けるというのが、実際に行ってみた感想でした。
日本の皆様がもし足を運ばれたらトロリー(路面電車)のサンタフェデポットとアメリカプラザの駅間距離の短さに思わず笑ってしまうと思います(笑)


メルマガのほうもサンディエゴから毎週日本時間の火曜日に発行し続けています。
こちらのほうも購読し続けてくださればと思います。

写真はすべてサンディエゴダウンタウンでのものです






2014年8月13日水曜日

バルボア公園

デルマー開催は5週目になります。
重賞競走は土曜日にデルマーオークス(Del Mar Oaks、G1、芝 1 1/8マイル(約1800メートル)、3歳牝馬限定)、日曜日にはランチョベルナルドハンデキャップ(Rancho Bernando Handicap、G3、オールウェザー 6 1/2ハロン(約1300メートル)、3歳以上牝馬限定)がおこなわれます。
最終週は9月1日の祝日にも、そしてクロージングデー(Closing Day)つまり最終日が9月3日に開催されますので、この夏のデルマー開催も残り3週間と少しとなります。


先週の月曜日はパシフィックビーチに出かけましたが、今週はバルボア公園(Balboa Park)に出かけました。
バルボア公園は17もの美術館があり、そして有名なサンディエゴ動物園もすぐ近くにあります。このバルボア公園は私が現在居を構えているヒルクレセントとは地図上では隣り合う位置にありまして近所のようなものです。ただここはアメリカ、公園はかなり広くて美術館の中に入らなくても公園内をくまなく散策しようとするとかなりの時間がかかりますし、歩く距離もたくさんになります。

でも素晴らしい公園でした。
建物も日本で見ないようなものばかりで、そしてとにかく広いです。また観光客ばかりでなく地元の人が散歩に来ているような感じもしました。日本の京都の下鴨神社、上賀茂神社も趣があって私は大変大好きなのですが、バルボア公園のような広大で、しかも整っているような場所は日本ではないように思います。
ちなみに写真美術館もありましたが、残念ながら休館日でした。
日本の皆様がサンディエゴに来られた際には、このバルボア公園も訪れることをお勧めします。

そういえばこのごろ馬や競馬場の写真をこちらでアップしておりません。
『Horse Photograph』というタイトルからかけ離れてしまっています(笑)
最初は他の仕事をしていた人間が趣味で始めたのがきっかけでした。このブログを始めた6年以上前には仕事になるとは、しかも海外ですることになるとは想像ができませんでした。
これもたまたま運良く環境や境遇、巡り合わせでやることができたためです。
そして現在、たくさんの助けによって馬の写真の仕事をしているという意味をこめて、タイトルはこのまま変えずにやっていきます。


メルマガも毎週日本時間の火曜日に発行し続けています。
こちらでしか書くことができないものを書いておりますので、アメリカの日常、アメリカ競馬のことをもっと知りたい方はこちらもぜひ購読してください。

すべてiPhoneで撮影しました




2014年8月6日水曜日

パシフィックビーチ

今週はデルマー競馬場でG1レースはありませんが、水曜日にソレントステークス(Sorrento Stakes、G2、オールウェザー 6.5ハロン(約1300メートル)、2歳牝馬限定)、土曜日にラジョラハンデキャップ(La Jolla Handicap、G3、1 1/16 マイル(約1700メートル)、3歳以上)、日曜日にジョンC.マビーステークス(John C.Mabee Stakes、G2、1 1/8 マイル(約1800メートル)、3歳以上牝馬)がおこなわれます。
今週もこれまでのように積み重ねを大切にして、そして楽しんでやっていきます。

デルマー開催は基本的に月曜日と火曜日の競馬開催がありません。なので月曜日にパシフィックビーチのほうに行ってみました。
私が現在、居を構えているヒルクレセントという場所からバスでオールドタウンという電車とバスが集まる駅まで行って、そこからまたバスでパシフィックビーチに行きます。
今の日本は西が大雨、東が酷暑と聞いているのですが、このサンディエゴは湿度も低くて気温も摂氏で30度を越えなくてとても快適に過ごすことができます。
このパシフィックビーチには止まるホテルも日本の海の家のような売店もたくさんあり、まさに海水浴とサーフィンを楽しむ場所です。ちなみにデルマー競馬場のすぐ近くにも海があり、そこでサーフィンを楽しむ人もいます。
波はいわゆる外海ですから、愛知県の知多半島に母の実家がある私は内海(うちうみ)に慣れ親しんできたこともありやや高いという印象でした。
でもパシフィックビーチでいい時間を過ごすことができました。
デルマーの海の近くはまだ行ったことがありませんが、競馬場から見える景色は素晴らしいです。サーフィンができるともっと楽しいのでしょうね(笑)
もし機会がありましたら夏のサンディエゴ、デルマー競馬場にぜひ行かれることをお勧めします。

競馬ならびに競馬場でのことはメルマガのほうに毎週執筆して発行しています。
こちらの方もよろしければぜひ購読してくださればと思います。

下は携帯電話のカメラで撮影したパシフィックビーチです