このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2015年6月9日火曜日

アメリカの三冠馬 アメリカンファラオの初勝利

メディアでの報道で既にご存知の方は多いと思われますが、アメリカの三冠レースすべて(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス)を、アメリカンファラオが勝利を挙げました。
北米地区ではアファームドが1978年に達成して以来、アメリカンファラオまで三冠馬は誕生しませんでした。

アメリカンファラオは昨年の夏にデルマーでデビューして5着に敗れましたが、その次に出走したG1デルマーフューチュリティ(オールウェザー,7ハロン)で圧勝して初勝利を挙げました。

このブログに少し書いていますが、私は昨年の夏にデルマー競馬場で撮影をしていました。
当然私も米三冠馬のアメリカンファラオの初勝利を撮影していました。

2014年 デルマーフューチュリティ アメリカンファラオの初勝利

カメラのシャッターを押していた時に翌年の三冠馬になるとは予想ができるはずもありません。
私は予言者ではありませんのでまさかそこまで要求されることはないとは思いますが、アメリカの三冠馬の初勝利を撮影できたことは、カメラマンとして誇れるものを馬からプレゼントしてもらえたと思っております。

このようなときは得てして「俺は(が)撮ったんだ」と思ったり、そして他人にも言いがちになってしまうものです。

しかしそれは違うというのは私の中にあります。

「馬が頑張ったから三冠馬の初勝利を撮影したカメラマンになれた」のだと。
そしてこれまでずっと書いてきたように、このように撮影の仕事ができる環境や境遇に感謝することも忘れておりませんし、これからも続けます。

ただ日曜日に東京競馬場で先輩カメラマンからすごいことをしたと言われ、アメリカの三冠馬の初勝利を撮影したことは、誇りを持っていいと思うようにはなりました。
また少しだけ自信をつけさせてくれた環境や境遇、巡り合わせにも感謝です。

また去年の4月から毎週火曜に発行しているメルマガを現在もしっかり発行しています。
申し込み当月は無料ですので、よろしければ購読してくださればと思います。
内容のほうは一度購読してくださった方は継続して購読してくださっておりますので、この1年くらいで内容は自信があると言えるようになりました。
バックナンバーにはもちろん昨年のデルマー滞在記がありますので、そちらも購読してくださればと思います。





そうそう、ちなみに『ファラオ』というのは日本語的な読み方で、アメリカでは通じません。
詳しくは今年の2月から自分のためにやり始めたブログに、チョコっと書いておりますので読んでいただければと思います。