このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2016年4月25日月曜日

引き続き、香港

一昨日の日曜日、香港のシャティン競馬場でQEII(クイーンエリザベス2世)カップが行われましたが、地元の香港ダービー馬ウェルテルが制して幕を閉じました。
あの水分をたくさん含んだ馬場であのような圧勝をしたのですから、相当なパワーの持ち主であろうと想像します。
今後は海外での走りも見てみたいものです。

私はまだ日本に戻らずに引き続き、香港に滞在しています。
香港は相変わらず強い雨が毎日、一定時間降ります。ただ日本の梅雨のように長い時間振るのとは異なります。
日本でいうと強いにわか雨がここのところ、毎日あります。

今週末はチャンピオンズマイルとチェアマンズスプリントプライズの2つのG1競走がシャティン競馬場で行われます。
チャンピオンズマイルには昨年の日本の年度代表馬のモーリスが、チェアマンズスプリントプライズにはアメリカ調教馬でオーナーグループがモンゴルの民族衣装のデールを着用して観戦する、モンゴリアンサタデーが出走します。
モンゴリアンサタデーの調教師の名前をみると『Ganbat Enebish(Ганбат Энэбиш)』と表記されてるので、モンゴル出身であろうと想像します。

日本の競馬ファンの皆様には春の天皇賞と同時に、香港の2つのG1レースにも注目していただきたいですね。

2016.4.20 香港 ハッピーバレー競馬場にて
競馬に興味のある方にもない方にもオススメの観光スポットです



--------------------------------------------------------
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
もちろん本日も、香港から発行いたしました。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。
よろしくお願いします

2016年4月19日火曜日

おかげさまでウマチカ、100号目を迎えました

本日、2年前の4月に創刊して毎月第1〜4火曜日発行し続けていたメルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬(ウマチカ)』が、定期号で通巻100号目を迎えることができました。
購読しているみなさまに対し、心から感謝を申し上げます。
これからも末長いご愛読をよろしくお願いします。もちろん私もこれまで以上に愛されるウマチカを創り続けてまいります。


さて、私のほうは明日から香港に行ってまいります。
香港のシャティン(沙田)競馬場では2週連続で大きなレースがおこなわれます。

昨年スマホで撮影した香港の街
この独特な街並みも香港の好きなところです

先月末のドバイ国際競走では日本調教馬が2頭、勝利を挙げました。
日本調教馬は今週末のQEllカップにはラブリーデイ、ヌーヴォレコルド、サトノクラウンが、その次の週末のチャンピオンズマイルには昨年の年度代表馬のモーリスが出走予定です。
またアメリカ調教馬は昨年のBCターフスプリントの覇者モンゴリアンサタデーが、チャンピオンズマイルと同日のG1チェアマンズスプリントプライズに出走予定です。
もちろん地元香港からも強力な馬が出走します。
ドバイのように日本調教馬の華々しい活躍がまた見られるのか、地元の香港勢が意地を見せるのか、それとも他国の調教馬が台頭してくるのか、いずれにせよいいレースになるよう、楽しみにしております。


先週から九州地方で大きな地震が続いております。5年前の東日本大震災でも己の無力さが身に染みましたし、今回もです。
ただ今の私には被災地がどうか少しでも良い方向に向かうことを祈ることしかできません。
あとは今の自分を生かしている環境や境遇に感謝する、それだけです。

--------------------------------------------------------
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。
よろしくお願いします

2016年4月5日火曜日

3年目を迎えました

本日4月3日の火曜日におきましてメルマガ『ウマチカ』こと、『馬に近い人間から見た、馬、競馬』を発行してから3年目を迎えました。
内容の進歩も、購読登録してくださる方の数の増加も大変ゆったりとしています。
それでもいつも読んでくださっている方の存在があるからこそ、ここまで来ることができました。
常々支えてくださることに心から感謝を申し上げます。

今回で定期号は通巻98号目となり、再来週で100号を迎えることになります。
今号から先月末のドバイ国際競走の報告が少し続きます。もちろん今後も馬という生き物はこのようなものだということ、海外、特にアメリカ競馬の雰囲気なども感じていただけるものを執筆していきます。
もちろんバックナンバーも購読していただくのも大歓迎です。その中には三冠馬アメリカンファラオがデビューしたとき、初勝利を挙げたときにアメリカで執筆したものもありまして、今となっては大変貴重な時間を過ごしたのだと振り返って思います。

また私の撮影したもののクレジットは最近『Kaz Ishida(カズ石田)』となっております。
海外の人からは『Kaz(カズ)』と呼ばれることが多くなり、それでこちらのほうが覚えてももらいやすくていいのではと考えて採用しております。
と、いっても『K・Ishida』だと変わらないのですけどね(笑)
Kazのクレジットで今のところ一番目立ってるのはこちらの記事でしょうか。
ウマチカもカズ石田で発行しております。
今後はこのウマチカが今までにない早さで購読登録してくださる人が増えてくれたらいいな、と願っています。
このウマチカもどうぞよろしくお願いします。

Kaz Ishida


桜を背景に走る馬たち
2016.4.3 千葉県船橋市 中山競馬場にて撮影


--------------------------------------------------------
以下はお願いです

私はカメラマンをやっているのですが大きなスポンサーはいません。
私の場合、運だけはとてつもなく良いので (これだけは根拠のない、とてつもない大きな自信があります)、もしかしたらその類い稀な幸運でこの先、一時的に大きなスポンサーがつくことがあるかもしれません。
ただそれも幸運、そして一時的です。それこそ私の命が尽きるまでずっとという保証はありません。いやこの無常の世でそのようなことは以前も、そして今後もそんな保証はありえないです。

そこで私が約2年間継続して発行し続けている『ウマチカ』を購読し、購読してくださる方にスポンサーのような形になっていただくことをお願いしたいのです。
そしてこれが私にとっても、そして実際に購読してくださる方たちにとっても無理なく馬のことや海外のことを知ることができる、一番良い持続可能な形なのではと考えております。
ただこれもウマチカが継続して読み続けていただける自信を持つことができるようになったからこそ、このようなお願いができるようになったとも書き加えておきます。
ウマチカのサンプルはこちらを読んでいただけたらと思います。
来月の第1火曜日、4月5日に3年目を迎えるウマチカはドバイのことを書き連ねていきます。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。
よろしくお願いします