このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2017年1月31日火曜日

東京開催が始まりました

日本中央競馬会(JRA)の今年最初の東京開催が始まりました。
競馬場に着けば世界中どこの競馬場でも同じでそれぞれいいところがあるのですが、東京競馬場のある府中市のほうが中山競馬場より自宅から行きやすく、行き帰りの際だけは「やっぱり府中はいいな」と思いながら通っています(笑)

この東京開催は4週間ですが最終日の2月19日にはG1のフェブラリーステークスと、アメリカのケンタッキーダービーの出走選定ポイントレースになったヒヤシンスステークスがおこなわれます。
これまでも安田記念、宝塚記念、スプリンターズステークスがブリーダーズカップチャレンジレースになっていますが、日本のレースが少しずつアメリカ競馬との関係が深くなってくれているのは、アメリカ競馬と縁のある私にとって嬉しいことです。
そしてこの『少しずつ』というのが、急激よりも結果的に双方にいいものをもたらすとも思っています。


アメリカ競馬といえば先日、フロリダ州のガルフストリームパーク競馬場で世界最高賞金額のレースとして、第1回のG1ペガサスワールドカップがおこなわれました。
ブリーダーズカップクラシックの再戦として、アロゲートとカリフォルニアクロームの最後の対決(カリフォルニアクロームはこのレース後にテイラーメイドスタリオンズ(Taylor Made Stallions)で種牡馬入り)となりましたが、アロゲートの圧勝でした。
一方の9着だったカリフォルニアクロームはレース後に右前脚を痛めたことが判明したようです。ただ生命を脅かすほど深刻な状況ではないとのことです。どうか彼のような素晴らしい産駒が生まれてほしいものです。
そしてアロゲートは現時点では世界最強のダート馬ということには、誰も疑いは持たないでしょう。今年は年間をとおして彼が席巻するのか、それとも昨年の彼のように3歳馬が台頭してくるのか、こちらも長い目で見たいですね。

根岸ステークス(G3) 勝ち馬 カフジテイク
2017.1.29 東京都府中市 東京競馬場にて

「これは良いタイミングだな」と思ってシャッターを押しました




それと25日に発売された競馬雑誌『優駿2月号』では『2016 Ippressive scene1』では見開きで桜花賞で撮影したものを、本日発売した『全部見せます中央競馬2016』でも撮影したものを使用してもらっています。
日本のほうも少しずつ使用していただく機会が多くなっています。こちらも少しずつですね。



25日発売の『優駿2月号』
私自身が昨年日本で撮影したものの中では、最高の瞬間だと思っています。
綺麗なものは是非購読して見てください♪

本日発売のサラブレ編集責任『全部見せます中央競馬2016』
クレジット表記がないものでも私が撮影したものはわかると思いますよ♪

皆様、是非ご購読をよろしくお願いします。


--------------------------------------------------------
本日は号外を発行いたしました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年1月24日火曜日

米年度代表馬はカリフォルニアクロームに

先日、米の年度代表馬にカリフォルニアクロームが選出されたことが発表されました。彼にとって2014年以来、二度目の受賞となりました。
他の候補になった馬たちも私が昨年の夏にデルマーでよく見ていた馬たちが多かったこともあって、選出の結果を楽しみに待っていました。そして改めてすごい馬や人たちに囲まれたいた環境で過ごしていたのだと感じました。
とにかくこのように過ごせる環境や境遇にただ感謝するだけです。

今週末、フロリダ州のガルフストリームパーク競馬場では、カリフォルニアクロームとそのカリフォルニアクロームをブリーダーズカップクラシックで負かしたアロゲートが再戦する、ペガサスワールドカップがおこなわれます。
カリフォルニアクロームはこのレースを最後に引退、種牡馬入りすると発表されておりますのでこれが最後の対決となります。
二強の決着となるのか、それとも伏兵視されている他馬の台頭があるのか目が離せないレースであることは間違いありません。

私がアメリカに行く際は競馬場に行ってもたいてい日本人が私一人ということがほとんどなのですが、昨年の秋のブリーダーズカップには日本のメディア関係者もけっこうやってきました。
その中で私がお話しできた方は誰もが口を揃えて「日本のファンの皆さんには、とにかく一度でもいいから是非ともアメリカの競馬場に実際に足を運んでもらいたい」とおっしゃっています。
私もずっと思っていたことを実際に行った人も思ってくれるのは嬉しいです。
そして何かのご縁でこのブログにアクセスした方とか、実際に行ってみた人の話を聞いた方が、実際にアメリカの競馬場に行ってみてその方独自の楽しみ方を見つけて楽しまれたら最高ですけどね。

パシフィッククラシックを勝ったカリフォルニアクロームと
ラウル・ロドリゲス厩務員とヴィクター・エスピノーザ騎手
2016.8.20 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 デルマー競馬場にて

--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年1月17日火曜日

中山開催は今週末まで

昨年の12月から年を挟んでの中山開催も、今週末で終了です。関東地方は東京開催に変わります。
先週末も感じたのですが、3年前の改修工事で1コーナー付近にあった建物『クリスタルコーナー』がなくなってから、やけに風通しがよくなったように感じます。
冬季に風通しがいいとなると。。。やはり寒いですね。

日曜日は雪の影響で中京も京都も開催が中止となりました。競馬もですしそれ以外にも様々なところで影響が出たという報道を目にしました。
自然現象ですのでどうにもできないところもありますが、どうか少しずつでも影響が出たところが普段に近いようになることを祈っています。



芝コースの最終コーナーを走る馬たち
2017.1.14 千葉県船橋市 中山競馬場にて

--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年1月10日火曜日

JRAの新年の競馬が始まりました

南関東では元日から川崎競馬場での開催がありましたが、日本中央競馬会では5日から新年の開催が始まりました。
私も5日の中山金杯が開催された中山競馬場から、撮影機材を持って競馬場に行きました。
年明けの競馬場は有馬記念の日と比べるたやはり落ち着いた雰囲気になりますね。でもあの盛り上がりが毎週末あるとしたら、それはそれで大変だと思ってしまいますね、きっと(笑)

少しずつ積み重ねていき気がつけば大きく進んでいたということになっているように、そして今の環境や境遇に感謝することを忘れない、いつも同じことを書いていますがこれは今年も変わらずにやっていきます。

ダートコースの4コーナーにて
2017.1.8 千葉県船橋市 中山競馬場にて


あと『今年初めて機材を持って競馬場へ』というのは中山金杯の開催日でして、機材を持たずには元日の川崎競馬場でやっています。
この日は撮影取材ではありませんでしたのでモツ煮込みとビールに、そして馬券を買って一般席で観戦していました。

元日の川崎競馬場で
こんなときでなければ競馬場でビールは飲みません(笑)

そういえば私には現在、打ち込んでいる趣味ってこれと言ってないような気がします。前はアメフトの試合の観戦もしばしばしていましたし、アニメのガンダムも好きなのですが、それらも最近ご無沙汰しています。

そして馬が好きだったのが、いつのまにか今の仕事をしているように感じています。
それと子供の、しかも低学年だったころはテレビの動物のドキュメンタリー番組で動物をアフリカなどで撮影するカメラマンになりたかったのを、何年か前にふと思い出したことがありました。
そう考えると小さかったころになりたかったものに近い仕事を、たまたま運良くしているのですから悪くない人生だなと思えます。


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年1月3日火曜日

東京大賞典勝ち馬 アポロケンタッキー

昨年の12月29日に大井競馬場にておこなわれたG1東京大賞典はアメリカ産馬のアポロケンタッキーが勝利を挙げました。

父のラングフール(Langfuhr)はカナダ産馬で、現役時代にメトロポリタンハンディキャップ(G1,1マイル)やカーターハンディキャップ(G1,7ハロン)など、短距離で活躍していましたがアポロケンタッキーはこの東京大賞典やみやこステークスをはじめ、中距離レースでの活躍が目立っています。
他にもアーリントンミリオン勝ち馬のジャンバラヤ(Jambalaya)などをはじめ、中距離での活躍が目立っています。

この馬も3月末のドバイワールドカップを目指していくのでしょうか。今後の動向に注目ですね。


東京大賞典勝ち馬 アポロケンタッキー 内田博幸騎手騎乗
2016.12.29 東京都品川区大井競馬場にて

--------------------------------------------------------
本年もまたよろしくお願いします。
本日、本年定期号第1号を発行いたしました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます

皆様
新年あけましておめでとうございます。

新年初めに機材を持ち運んで競馬場で撮影するのは5日の中山競馬場になります。
特に昨年の秋からたくさん乗った飛行機もしばらくは利用することはありません。が、春になれば利用機会が格段に増えることは間違いなさそうです。

今年もよろしくお願いいたします。

from Kaz

年賀状です♪( ´▽`)

--------------------------------------------------------
本年もご愛顧のほど、よろしくお願いします。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
新年定期号第1号は明後日、3日の発行です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。
新年になったのを機会にまずはお気軽にお申し込みください。