このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2017年4月25日火曜日

明日から香港です

明日、午前発の便に搭乗して約2週間ほどの間、香港に行ってきます。
今週末は通称QEII杯のクイーンエリザベス二世杯が、来週末はチャンピオンズマイルとチェアマンズスプリントプライズがおこなわれます。

年末の国際レースのときはある程度の時間をかけての散策ってあまりやらないのですが、春の香港ですと時間もあるので香港の街を歩くことも楽しみのうちの一つになっています。
街に書かれている漢字表記は日本人の私にもなんとなく意味がわかるものがありますし、日付が変わる時間帯でも地下鉄の駅やその周辺は人がたくさん歩いていて大変活気があります。
それとファーストフード店も日本でおなじみのものがたくさんあり、そして日本よりもメニューが豊富です。
日本と似ていて、しかしながらどこか違うところがあり、そのような香港に行くのが競馬以外の部分でも毎回楽しみです。

しかしこれはアメリカに行ったときと同じなのですが、やはり馬がいる場所が一番いいというか落ち着きますね。
たまに馬や競馬とまったく関係ない観光もどう?と言われるのですが、オススメの場所を言われたら「そこに馬はいる?」って必ず尋ねてしまいます。
こんな人間とずっと一緒にいる人はきっと大変でしょうね(笑)

李小龍(ブルース・リー)の銅像
時間ができたらこの程度でしたら馬のことでなくても動きま〜す☆

それと先週末はJRAの競馬場の関東地区は、春の東京開催が開幕しました。
土曜日は時折強い雨に見舞われましたが、日曜日は全般的にいい天気でした。

2017.4.23 東京都府中市 東京競馬場にて
春の競馬場らしい場面を馬たちが演出してくれました。
それと私もインスタグラムをやっています。
こちらに投稿しきれないもの、また異なる趣きに加工をしたものを投稿しています。よろしければ是非フォローしてください。
こちらからお願いします。


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで今月で4年目を迎えることができました。
次週から香港編が始まります。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年4月18日火曜日

中山開催が終了しました

先週末で春の中山開催が終了しました。次の開催は秋になります。
日曜日の皐月賞はアルアインが勝利を挙げました。今年の3歳牡馬の競走は戦国模様と言われていますがアルアインがそのように言われる流れを断ち切るのか、それとも別の馬の台頭があるのか、来月末の日本ダービーも注目ですね。

今週末からJRA( 日本中央競馬会)の関東地方の開催は東京開催となります。
冬のような日もあると思えば初夏のような日もあり、体調管理が難しい日々が続きます。しかし天気はコントロールできませんし、それに服装を合わせてやっていくのがいいですね。


それと先週の土曜日の夜、友人の村上栄二さんと久しぶりに会いました。それより前に最後に会ったのがおそらく1年以上前だと思います。
それでも相変わらず毎日懸命に生きている彼と会うと、私ももっと頑張っていこうと自然に思えてきます。これだけは変わりませんね。(ムチャクチャぶりもですし他にも変わっていないところもありましたけどね(笑))
私も日本人初のブリーダーズカップ公式カメラマンになりましたが、それを誇りにしながらもかつそれに囚われず、またいつものように少しずつ前進していきます。


3コーナーあたりを走る馬たち
2017.4.15 千葉県船橋市 中山競馬場にて

--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで今月で4年目を迎えることができました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年4月11日火曜日

阪神競馬場の桜

先週末は土日ともに阪神競馬場でした。土曜日は雨で蒸し暑く、日曜日は風が冷たかったです。
関東地方も春だなと思わせるような日があまりなくて天候が不安定ですが、関西も同じようなものかもしれません。
それでも先週末の阪神競馬場は桜が綺麗でした。

例年ですと桜花賞のころにはほとんど桜が散っているのですが、今年はちょうど良い時期に咲いていました。
そして桜花賞のほうもまさに『競馬は何が起こるかわからない』という結末を迎えました。昨年も圧倒的な支持を集めていた馬が敗れてしまいましたが、今年もでした。
馬という自然の難しさを、厩務作業をしなくなった現在でも撮影する立場のものとして感じます。

今週末の中山競馬場の皐月賞では69年ぶりの牝馬での優勝を目指すファンディーナが出走を予定しています。
こちらも勝負は蓋を開けてみるまでわからないという気持ちを持ち続けて見たいものです。



桜と馬たち
2017.4.9 兵庫県宝塚市 阪神競馬場にて


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで今月で4年目を迎えることができました。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年4月4日火曜日

メルマガ、創刊から4年目を迎えました

先週末は土曜日に中山競馬場、日曜日には久しぶりに阪神競馬場のほうに行ってまいりました。今週末は土日ともの阪神競馬場の予定です。

私はアメリカの競馬場に行くと「Kaz(カズ)」と呼ばれていて、写真のクレジット表記も『Kaz Ishida』となっております。
アメリカの競馬や競馬場でさらに育てられ、そこで通っている名前を日本でも引き継ぎたいという思いもあり、日本でも使用していただく際にも『Kaz Ishida』とお願いをしております。

先週の阪神競馬場ではとある雑誌の若手の編集者の方も取材に来られていて、その方は私のことを「カズさん」と呼んでくださいます。アメリカに行って鍛えられて育てられている間に呼ばれるようになった名前ですから、私も今ではすごく愛着があります。
日本で日本の方からもそのように呼ばれることが嬉しくないわけがありません。
競馬場でもしも私を探す奇特な方がいるようでしたら、どうぞアメリカで呼ばれている名前で呼んでください。でも競馬場は馬が主役ですので馬の次に気にかけてくださいね(笑)



このブログの記事の下側に毎回、メルマガ『馬に近い人間から見た馬、競馬』をお知らせしていますが、今週号で創刊から4年目を迎えることができました。
購読してくださっている読者の皆様のおかげでここまで来ることができました。
心から感謝申し上げます。

4年目ですので今から3年前に創刊をしたころは、今から見てみるとまだまだ試行錯誤の段階でした。もちろん現在も新しい試みもしてはいますが、1年の半分くらいは海外の競馬場で撮影した中で実際に見聞してきたことを執筆しています。
4年目ということで少し振り返って見てみると、3年前にはあの歴史的名馬が2歳だったときのころとか、日本のメディアでは紙面のスペースの都合などでどうしても伝えることができないけど貴重な場面とか、気がつけばたくさんの蓄積ができていました。これらは創刊時に想像できなかった大変嬉しい誤算でした。
その中でも核となるものがアメリカの競馬場でのもので、あの北米の名馬、名伯楽(調教師)、名騎手たちと直接接してきたことによって見えてくるアメリカ競馬、主に西海岸地区の競馬の魅力もたっぷりと書かれています。
そしておもしろいことに北米の競馬場での出会いが、他国での再会にさらなる幅を持たせるようになって書くものにも厚みが出てきています。

もちろん馬とはどのような生き物であるかということも、乗用馬ではありましたが実際に厩務作業も経験し続けた私が、できる限り最大限を尽くして皆様にお伝えしています。
また最近は写真撮影のことも少しずつですが取り扱う機会も増えてきました。写真撮影が趣味という方にも今後は楽しんでいただけるのではと思っております。
核となるものが少しずつ出来上がると同時に、少しずつながらもさらなる進化もしております。
またゴシップネタは一切扱ってきませんでした。そのようなものを好む人にはオススメしない姿勢は今後も変わりません。
相変わらず地味に少しずつの進歩をしてきましたが、気がつけば「馬と競馬でメルマガといえばこれ!」と言っていただけるような評価をいただけるように精進していきます。


2017.4.2 兵庫県宝塚市 阪神競馬場にて
--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで4年目を迎えることができます。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。