このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2017年5月30日火曜日

日本ダービーが終了しました

日曜日は競馬の祭典、日本ダービーが東京競馬場にて開催されてレイデオロが優勝しました。
競馬を自分から自発的に見るようになり始めたときは、正直に申し上げるとダービーはただ人が多く集まるだけのレースという認識でした。ところが武豊騎手がスペシャルウィークで初めてダービーを勝ったときから、それが変わり始めました。
それからダービーというレースの重みを、私なりに歳を重ねるごとに大きく感じるようになってきました。
今年はこれまで数々の名馬を育ててきた藤沢和雄調教師が、昨年はわずかな差で勝利を逃したクリストフ・ルメール騎手が初めて勝ちました。
実はダービーもこうしたものが積み重なって歴史と言われるものになっているのかな、と日曜日に朧気ながら思いました。これのハッキリとした答えはいつか見つけられたらいいな、とは願っています。


特別なダービーですが今年のは私にとっても、更に特別なものになりました。
主催者の日本中央競馬会(JRA)が競馬場等でレース当日に配布しているレーシングプログラムの表紙のページの一部分に、昨年のダービーで私が撮影したものを使用していただきました。
これまでレーシングプログラムにも使用していただいたことはありましたが、表紙では初めてでした。
しかも配布される日に日本国内にいたことも初めてでして、その日は必ず国外にいました(笑)初めて優駿で写真を使用していただいた号の発売日もサンタアニタでしたし、初めて掲載される当日には縁がない人生なのだとつくづく思います(笑)

営業をガンガンやって売り込んで他人の仕事を奪ってやっていくことは、性格的にもすごく苦手でできませんしやってもいませんが(ただ縁あって声をかけていただいたり、使用していただいている事には大変感謝してはいます)、今回も馬たちが良いシャッターチャンスをくれたおかげでこのようになりました。
ダービー当日に競馬場内のお客さんが持っているプログラムの表紙に私が撮影したものがあるのを見ると不思議な気分になりました。初めてのことですからこう思うのも無理はありませんでした。
しかしこれからは不思議な気分にならないくらい、より精進せねばいけませんね。

日本ダービー レーシングプログラム
上部のものが昨年私が撮影したものです


JRA開催の競馬場では今週末から2歳の新馬戦が始まります。
こちらも私にとっての『第二のアメリカンファラオ』、もしくは『日本のアメリカンファラオ』になるような馬との出会いも期待しながら臨んでいます。
そして日曜日には安田記念があります。このレースの勝ち馬には今年はアメリカのデルマー競馬場にておこなわれるブリーダーズカップマイルへの優先出走権が与えられる、ブリーダーズカップチャレンジレースです。
アメリカ競馬に縁がある日本人としては、このレースに限らずに日本のチャレンジレースの勝ち馬の参戦が近いうちにあるといいなと願っています。


2017.5.27 東京都府中市 東京競馬場にて

--------------------------------------------------------
本日、号外を発行いたしました。
ここには書けないことも盛りだくさんの内容です。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。


2017年5月23日火曜日

今週末は日本ダービーです

オークスが先週終わり、今週末はいよいよ日本ダービーです。
世界的に見るとダービーとオークスが別の週末に開催されるのは珍しい感があります。アメリカにしてもイギリスにしても、ほとんど同じ週に開催される国や地域のほうが多いように感じます。
日本という国は日本語という言語だけでなく他にも世界でも独特な国であると感じることが多くなっています。それでもその独特な日本も満更でもないと思ってもいます。

あとツイッターインスタグラムもやっています。そちらでここにはアップしていない写真、インスタグラムでは少し違う印象のものもあります。フォローを是非どうぞ。

ダートコースを走る馬たち
2017.5.20 東京都府中市 東京競馬場にて

--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで先月、4年目を迎えることができました。
これからもよろしくお願いします。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。


2017年5月16日火曜日

東京競馬場に戻りました

2週間の香港滞在が終了して先週末は東京競馬場に戻りました。
土曜日はとても久しぶりに東京競馬場に来たような感じがしました。そして土曜日は雨が降って肌寒く感じました。このときはさすがに暑いくらいの香港が恋しくなってしまいましたが(笑)、日本はなんと言いましても生まれ故郷ですのでこれも悪くないとも思えました。

東京競馬場ではまだ3週続けてG1競走が開催されます。
アメリカですとブリーダーズカップのみならず、他にもG1が集中して開催される1日が何日かあります。香港もドバイもですね。
どちらのやり方にも一長一短はあるとは思うのですが、撮影する立場としては1日に何度も重賞競走、しかもG1競走があると怒涛のごとく時間が流れすぎていくと感じるようになると言い切れますね。
その点でいえば、やはりアメリカのブリーダーズカップの2日間がカメラマンにとって世界で一番ハードなイベントだと私は思います。



2017.5.13 東京競馬場にて
--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで先月、4年目を迎えることができました。
これからもよろしくお願いします。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年5月9日火曜日

香港から戻りました

昨日香港から戻りました。

日曜日のチャンピオンズマイルでは香港史上初の4歳三冠馬ラッパードラゴンが競走中止というアクシデントに見舞われました。客席からのどよめきで私もその瞬間動揺してしまいましたが、それでは仕事になりませんので一瞬で気持ちを切り替えました。
走っている馬たちが必ず素晴らしいシャッターチャンスを与えてくれるのを逃さないように、と。そのような姿勢がゴールする馬やできなかった馬、そして馬に携わっている人たちへの私ができる礼儀でもあると考えてやっています。
かく言う私も以前障がい者乗馬の活動で馬に実際に接していた時期には、このようにすぐに気持ちを切り替えねばと考えることが大変難しかったです。
実際に勝ち馬のコンテントメントは一旦交わされながらも再度差し返しました。かなり強い心を持っている馬なのではないでしょうか。


今回の香港でも主催者の香港ジョッキークラブをはじめ、たくさんの人たちのおかげでなんとか無事に終えることができました。
今の境遇や環境、めぐり合わせのようなものに感謝しなければと、いつもながら思います。

チャンピオンズマイル勝ち馬 コンテントメント
2017.5.7 香港 新界 沙田 シャティン競馬場にて


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで先月で4年目を迎えることができました。
引き続き香港編です。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

2017年5月2日火曜日

引き続き香港です

私のほうは先週のから香港に滞在しています。
先日の日曜日に日本調教馬のネオリアリズムがG1クイーンエリザベスII世杯で地元香港で人気のパキスタンスターの追撃を抑えて見事に勝利をおさめました。日本調教馬が海外のレースで勝利をあげるのは日本人としてとても嬉しいです。
日本調教馬が海外のG1レースで勝つのが当たり前に感じてしまうほど現在の活躍はすごいものがありますが、馬が無事に過ごすことは側から見るよりもはるかに大変なことだというのは乗用馬の経験だけからなのですが少し知っていますので、やはり当たり前と思うことなんてできません。


そういえば日本を発ったときの羽田空港では長袖を着ていないと寒かったのですが、香港のハッピーバレー競馬場に着いたときは蒸し暑く感じ、半袖でちょうど良いくらいでした。来週の月曜日に帰国しますが、そのころの日本はどうなっているのでしょうかね?

今週末の香港では日本調教馬の出走がありませんが、G1チャンピオンズマイルには史上初の香港三冠馬となったラッパードラゴンが参戦予定です。
今回は私にとって3度目のチャンピオンズマイルとなるのですが、一昨年のエイブルフレンド、昨年のモーリスと勝ち馬の走りに驚かされました。
それと現地時間の土曜日にはアメリカ合衆国のチャーチルダウンズ競馬場にてケンタッキーダービーがおこなわれます。
今週の香港のレースもアメリカのケンタッキーダービーも、JRA(日本中央競馬会)による海外競馬の馬券発売対象にはなっていませんが、共に馬券が販売されていなくても是非ファンの人たちには注目していただきたいですね。


レースを走る馬と競馬を楽しむ人々
2017.4.26 香港湾仔 ハッピーバレー競馬場にて

--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
おかげさまで今月で4年目を迎えることができました。
今週から香港編が始まります。
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。