このたびは数多くある馬の写真のサイトからこの『HORSE PHOTOGRAPH』を訪問してくださり、誠にありがとうございます。
以前は約10年間、障がい者乗馬の活動に参加しながら実際に馬と接する経験をしていました。
その後、2013年の初夏から日本中央競馬会(JRA)から取材章を預かり、海外では主にアメリカ合衆国の特に西海岸地区を中心に、他にはドバイ、香港でも撮影しています。特にアメリカ合衆国では『カズ(Kaz)』と呼ばれることが多くなり、プロとしてデビューしたそのアメリカでのクレジット表記も『Kaz Ishida』となったこともあって、現在は日本国内でも同様のものにしていただいております。
国内では競馬雑誌『優駿』、『サラブレ』、JRAのレーシングプログラムなどにも使用していただいています。
アメリカでの撮影ではのちの北米三冠馬となるアメリカンファラオの初勝利を撮影する機会にも恵まれ、2016年にはアメリカのブリーダーズカップでは日本人として初のオフィシャルフォトグラファーになりました。

このサイトにおける画像および文章は個人で使用する範囲でのみご利用ください。
ホームページやブログへの使用、画像の加工、印刷物への無断転載等は固くお断りさせていただきます。

English version is here

メルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』について

・競馬、そして馬のことを伝えていくメルマガですが、
 競馬のレースの予想は一切取り扱う予定はありません
 登録料 648円/月(税込)
 原則毎週火曜日発行
・登録申込当月の登録料は無料です
  *詳しくはこちら↓をご覧ください
・発行システムは「まぐまぐ!」を利用しております
・登録申込をされる際には、「まぐまぐ!」のアカウント作成(無料)が必要となります

2017年8月1日火曜日

引退馬の不定期訪問 そして今週末からは

先週は障がい者乗馬の活動で一緒にやっていたジョーの顔を見に行きました。
もう27歳ですが相変わらず食欲もあまりにも旺盛で、養老金のごく一部ですが支払い続けている私はいつまで支払う必要があるのだろうかと、ある意味すごく心配が続いているままです(笑)

外へ散歩に連れ出したときのジョー。
一心不乱に道草を食べ続けていました(笑)

先週末は土日も競馬場には行かず、今週末も行きませんので何か違和感を感じるのですが、そのかわりといいますか今週末にはまたアメリカ合衆国のほうに行きます。
例年はまずアーリントンパーク国際競馬場なのですが、今年はケンタッキー州レキシントンです。
レキシントンのキーンランド競馬場の開催は毎年4月10月だけなのですが、サラブレッドの生産が大変盛んな場所で生産牧場が多数あります。キーンランド開催がないレキシントンは初めてなのですが、どのようなことが待っているのでしょうかね?
いずれにせよ実り多きものにしていきます。


--------------------------------------------------------
本日、定期号を発行いたしました。
馬のことをもっと知りたいという方も是非!
ウマチカは毎月第1〜4火曜日発行で、ひと月648円(税込)です。
なお、購読登録当月に限り通年無料です。まずはお気軽にお申し込みください。

0 件のコメント:

コメントを投稿